読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ニートの歩き方」という本を読んでみた結果

ニート 読書 感想

f:id:hikikomoriforest:20170111223549p:plain

ニートの歩き方」という数年前に少し話題になった本を読んでみた。
引きこもりが読めば何か学べるモノがあるだろうと思ってね。

f:id:hikikomoriforest:20161220155716p:plain

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法 | pha |本 | 通販 | Amazon

著者

pha(ファ) 1978年生まれ。京都大学総合人間学部に入学するも、オンボロ学生寮に入ったことで足を踏み外す。
大学を6年かけて卒業し、社内ニート的なサラリーマンを3年くらい続けたあと、2007年にTwitterとプログラミングに出会ったのをきっかけに会社を辞め、それからは定職に就かずにふらふら過ごしている。
ブログhttp://d.hatena.ne.jp/pha/は月間5万~10万のページビューを持つ。パソコンやネットが好きな人が集まって暮らすシェアハウス「ギークハウスプロジェクト」発起人。
Twitter Bot 作成スクリプト「EasyBotter」作者。
できるだけ働かずに生きていきたいです。
pha22.net

内容紹介

ニート」でも「無職」でも「ひきこもり」でも、会社を辞めても仕事してなくても、幸せに生きることはできる。
こんなに文明や技術が発達した世の中、インターネットさえあれば、昔ながらの固定した生き方に縛られる必要なんてない。
日本一有名なニートが語る、お金がなくても無理なく楽しく暮らすための生き方と考え方。
会社や国やこれまでの常識が信じられなくなった今を生き抜くための「ニート」なヒントが満載です!
引用元サイト

感想

ネットの収入で自活し、必要な時は働いている著者。
これってニートなの?
ガチニートってよりはカジュアルニート?みたいな感じ。

しかし著者は自分を正確かつ冷静に分析しているところを見ると、かなり賢いのだろう。
だからこそ、ネットの収入があり人との繋がりもあって緩く生きていけてるんだね。
こんな生活、無能の僕がすると思うと(してるんだが)、ゾッとするね!HAHAHA

この本はむしろ僕みたいな人じゃなくて、仕事に疲れたサラリーマンとかが「こういう生き方もあるんだな」と感じるために読む本な気がしてきた。
こういう生き方を頭の片隅に置いておいて、死にたくなったらこっちの生き方に方向転換してみる的な。

仕事なんて命に比べたらどうでもいい。 人間は仕事のために生きているわけじゃないし、仕事なんて人生を豊かにするための一つに手段にすぎないんだから。

本書で言っていたphaさんの名言。

著者のような生き方が正しいかどうかは置いておいて、
自分の今の生き方に疑問を持つ」という意味では良本だったように思う。
大切なのは主体性であって、どう生きるかではない気がする。

ニートが全くいない世界は、人間に労働を強制する圧力がきつくて、社会から逃げ場がなくて、自殺者が今よりもっと多いディストピアになってしまう。

phaさんはこのように言っていたけれど、これを聞くと「自分に合った生き方の模索」って結構大切なことなのかもって思えてくる。
ニートを推奨しているわけではないけどね。
なんだか知見が広まった気がする。(気がするだけで気のせいかも)

f:id:hikikomoriforest:20161220164257p:plain

読後は書評!

読後に書評を読むのって面白い。
いろんな考え方を知れるからね!
僕の考えの浅さが浮き彫りになる瞬間でもあるけどね!

書評は読後!読む前にしたら、先入観が付いてしまうからね!

lineblog.me
fujipon.hatenadiary.com
www.yocheckya.net

なかなか興味深いと思った書評を載せておくよ!